リスクを回避せよ!不動産投資 タイトル画像
不動産投資における、メリットなどについて。
リスクを回避せよ! 不動産投資 TOP画像
  1. リスクを回避せよ! 不動産投資 TOP   >
  2. 不動産投資におけるメリット

不動産投資におけるメリット

メリットは数多く!

まず、不動産投資におけるメリットについて説明しましょう。

まず、不動産投資のメリットとして1つ目に挙げられるのは、「賃料収入については、比較的安定している」というポイントです。
不動産の賃料収入というのは、短期間で賃料が大幅に値動きするということは、非常に稀なことです。
また、マンションを借りている借主の方にいわせてみると、家主さんに対して、毎月、それ相応の家賃を支払っています。
ですが、 逆に家主さん側から見た場合は、毎月のように、安定的であり、かつ定期的に、一定量の収入を手にすることが出来るという見方もできます。広島の賃貸情報では比較的人気のある物件がそろっているのでおススメです。
ここで重要なポイントは、「比較的、収入が安定している」という所です。このポイントは、長期的に見た場合、不動産投資を考えた場合には、条件としても非常に魅力的なことではないでしょうか。

そして2つ目に挙げられることは、「不動産はインフレに対して強い」というポイントです。 

長い間、日本経済というのは、物価が継続的に下がり続ける、いわゆるデフレの状態が続いてきています。
この記事を書いている時点では、長いデフレのトンネルの出口がそろそろ見えてきた頃ではないかと、私は思います。
一般的に言われているのは、不動産の賃料というのは、インフレの時には、物価の上昇に応じ、その賃料の額は上がっていく傾向にあると言われています。
そして、土地の価格も同じように、物価水準に合わせて上昇していく傾向にあると言えるものです。

不動産投資を長期的な視点で見て、実際に行う場合には、収益性はもちろん、インフレなどによる目減りになった分を、如何に防いでいくかということも重要なポイントとなってきます。
そういった点においては、不動産投資は、 インフレにも負けない、非常に有効な投資手法(これを”インフレヘッジ”といいます)といえるでしょう。

ただ、この場合、不動産投資の運用対象である不動産に対すての外部環境の変化・そして経済情勢の悪化などといった、様々な影響によって、その効果というの”ケースバイケース”となってきます。

3つ目のポイントは、「ペイオフ対策」という点です。

2005年4月からは、ペイオフが全面解禁となっています。
この政策のおかげで、 それまで安全でとされていた預金が、必ずしも安全ということは言い切れなくなってしまいました。
ペイオフが解禁された後の株式市場の活況をから考えてみると、預金をしていた方たちなどは、別の資産(例えば株式投資など)へ切り替える方というが大勢いらっしゃったようです。

ですが、いくらなんでも、突然預金から、その他の投資(株式投資など)へ、多額の資金を動かすというようなことは、あまりにもリスクが大きいようにも見えます。

いわゆる”現物不動産投資”というのは、株式投資や債券投資などとは違って、自然災害となどに見舞われたような特殊な要因以外では、実物そのものが突然無くなってしまう(または、価値がゼロになってしまう)ようなことは無いので、比較的安全な資産ということではないでしょうか。

施行当時からすると沈静化した感もあるペイオフ対策なのですが、このペイオフに関しては、常日頃から考えておいた方が良いでしょう。

check


キャバ嬢等の部屋探しに人気!風俗・水商売向け賃貸不動産サイト5選!


警備員 求人


保育園FC・コンサル


2019/6/4 更新

ページ上部へ戻る