リスクを回避せよ!不動産投資 タイトル画像
バブル時代に比べて、不動産投資は収益性が高まっています。
リスクを回避せよ! 不動産投資 TOP画像
  1. リスクを回避せよ! 不動産投資 TOP   >
  2. 収益性の高い、現在の不動産投資

収益性の高い、現在の不動産投資

収益性を上げていくには?2

前ページで話していたことがどういうことなのかというと、バブル経済の時期の形態に比べ、不動産投資の収益性が、むしろ向上したということなのです。
そしてさらには、バブル経済崩壊後に大規模に起こった、企業のリストラなどによって、これまでは購入することが叶わなかった優良な敷地等の物件が、多数市場に向けて放出されたのも影響しているといえます。

例えていうならば、駅から徒歩数分程度の場所に立地していた工場の跡地などの物件やオフィスビルや社宅・社員寮、そして、バブル経済時に投資目的で買ったと見られる建物など、その種類は様々です。これらの物件は、バブル時代には人気かつ高嶺の花で、購入することがままならなかった物件だったものばかりです。
また、物件を決めて不動産投資を行うような場合には、投資し始めた後、この土地がどの程度値上がりしていくのか?という、不動産そのものの価値がどの程度上がるかというポイントを判断するのではなくて、今後、この不動産から発生してくる収益どの程度になるのか?というポイントで判断しているのです。

これを正確にいうと、その対象となっている不動産を、様々な経済的な視点において調査や分析を行い、その結果から算出された価格・そして実際に売られている価格とを比較して、その状態から、売りに出されている価格で、本当に採算が合う不動産なのかどうか?といった視点から判断しているものです。

したがって、バブル経済の頃と比べてみても、現在の不動産投資のカタチは、本質的な部分が大きく異なっているのです。

過去の話をいうと、不動産投資というのは、以前は一部の人しか参加できなかったものなのですが、現在では、不動産投資に参加するための敷居は、かなり低くなってきました。
また、近頃の不動産の賃料収入というのは、比較的安定しているといわれているので、これから先、やってくるとも限らない、不透明な時代に向けて、こうした不動産投資の特徴である安定収入の確保が容易というポイントが、非常に魅力的であると言われているのです。

recommend


業務用脱毛機


ヘッドハンティング



最終更新日:2019/5/23

ページ上部へ戻る